妊娠中のカフェインレスのお茶

妊娠中でもお茶が飲みたい!

妊娠中のお茶

 

妊娠中でもお茶は飲みたいですよね。

 

わたしは、カフェイン飲料、とりわけ、お茶が大好きで、
緑茶、ウーロン茶、紅茶あたりは、妊娠前はだいぶ飲んでいました。

 

ですが、妊娠中や、赤ちゃんに母乳を与えている時期は、
カフェインは摂取しないほうがいいということでしたので、お茶を我慢していたのです。

 

これがなかなかツライのなんの^^;

 

 

なにせ、お母さんが食べたり飲んだりしたものが、
お腹の中の赤ちゃんに送られていくわけですから・・・

 

妊娠中には、食べ物や飲み物に気をつけなければいけませんよね。

 

 

しかし、妊娠してからというもの、やけに喉がかわきます。

 

お腹の赤ちゃんに水分を持っていかれているのだと思います^^

 

たんぽぽ茶

喉のかわきを感じることが多くなるわけですが、お茶はカフェインが入っていて飲めません。

 

その代わりに水を飲んだりしていたのですが、毎日水ばかり飲んでいても、物足りません。

 

 

それで、妊娠中でも飲めるノンカフェインのお茶がないかなぁと思い、
探してみたところ、たんぽぽ茶というものがありました。

 

 

母乳で育てたいママに大好評!【ノンカフェインタンポポ茶】

 

カフェインが入っていないノンカフェインなので、安心してたくさん飲めます。

 

たんぽぽの根、ギンネムという植物、焙煎した黒豆がブレンドされているそうです。

 

たんぽぽ茶の味は?

 

妊婦でも安心してグビグビ飲める

たんぽぽ茶の味は、香りが香ばしいお茶で、後味に少しだけ苦味があるのですが、
わたし的には、むしろ少し苦味があるところも好きなところなんです。

 

わたしの場合、緑茶にしても、ほんのりと苦味やシブ味があった方が、
味に変化があって美味しく感じます。

 

逆に、麦茶とかだと物足りないんですよね。

 

たんぽぽ茶は、緑茶や紅茶などとは原料が違うわけですので、
味が自分に合わないんじゃないかと不安になる方もいらっしゃると思いますが、

 

味が気に入らなければ、開封後でも返品できるそうなので、
注文してみて、試しに飲んでみるといいと思いますよ。

 

 

母乳で育てたいママに大好評!【ノンカフェインタンポポ茶】

 

妊娠中は、やっぱりノンカフェインの飲み物が安心

 

カフェインレスのお茶

カフェインは、摂り過ぎると健康に害をおよぼすことは、
すでに明らかになっていることなのだそうです。

 

 

カフェインは脳の血管を収縮させる作用があるだそうです。
つまり、脳の血流が低下するということですよね。

 

 

胎児(お腹の赤ちゃん)にも脳があるわけですから、
お母さんの飲んだものにカフェインが含まれていると、
胎児もカフェインを摂取してしまうことになってしまうのだと思います。

 

そして胎児がカフェインを摂取してしまうと、
胎児の脳の血流に影響が出て、脳の発育にも、
影響があるんじゃないかと思いました。

 

 

わたしは医者ではないので、詳しいことは分かりませんが、
胎児にだって脳はあるわけですし、胎児の発育中の脳なら、
なおさら脳の血流はたいせつだと思います。

 

血液が脳に栄養を運ぶわけですものね^^

 

ただ、血液自体が、水分がなければ作れないと思いますので、
妊娠中のお母さんは、カフェインを避けつつも、
水分をしっかり補給しなくちゃいけないと思うんです。

 

そう考えると、ノンカフェインのお茶は、安心してゴクゴク飲めるので、
ありがたい存在だなぁと思いました。

 

あとは、ちょっと話がそれるんですけど、子供が少し大きくなったら、
わたしは子供をロボット教室に通わせたいと思っているんです。

 

これは完全に子供の将来を見越したうえでのことです。

 

将来、AIやらなんやらで、多くの仕事がなくなると言われていますよね?
そんなときでも、仕事に困らないためには、
英語とプログラミングができることが、とても重要だそうなんです。

 

そのあたりのことは、ロボット教室のおすすめの選び方などを読むと、
どういうところを選べばいいのか、わかりますよ。

 

英語もプログラミングも、両方学べるところが、やはりいいっぽいですね?

 

せっかくカフェインレスのお茶などを選んで、胎児のことを気遣って元気に生まれてきてくれても、
そのあと、子供によい教育を受けさせてあげなければ、
子供の可能性を十分に伸ばしてあげることができないと思うんです。

 

だからわたしは、そこまで今のうちから考えちゃってます(笑)